WallStudio

技術ブログや創作ブログに届かない雑記です

ASP.NET Core MVC の SecretManager 機能を使う

ASP.NET Core2.0 には SecretManager という機能があります.プログラムにパスワードや鍵を埋め込む必要があることは多々ありますが,Github等で管理している場合ハードコードすることができません.なのでそういったデータをプロジェクトディレクトリではなくユーザーディレクトリのある場所にまとめて保存しておき,どのプログラムからでも一律の方法で呼び出せる機能を提供するのが SecretManager です.実体はsectets.jsonというファイルに保存され,各OSで場所が違います.

続きを読む

ASP.NET Core MVC via nginxでTwitterアプリを作るまでの地雷原

プログラムからの投稿です.

WEB開発は今までフレームワークを用いないPHPやクライアントサイドで完結する(JavaScript)タイプのものしか作ってこなかったのですが,ASP.NET CoreがC#で書ける上にプラットフォーム非依存なのでええ感じやんってことで手を出してみました.

続きを読む

喋る同人誌が作りたい!⑥ 仕様

モチベーションが嘗てないほどまで落ち込んできてます…まずい.でもうだうだしていたところでイベントは待ってくれないので気張っていきましょう.

さて,ソースコードが仕様書ということでアイディアを出しながら調整しながら開発を進めている訳ですが,一旦整理を兼ねてユーザーから見たときにどのような機能があるのかをリストアップしていきたいと思います.

続きを読む

喋る同人誌が作りたい!⑤ UI・UX

気が付いたら二週間以上たっていました…(´;ω;`)
何もしていなかったわけでもないんですが,いろいろと割り込みがかかってしまい(言い訳)

そんなことより,今年の夏コミC94にめでたく当選致しました~🌸ドンドンパフパフ🌸

f:id:yukawallstudio:20180615152644p:plain

なので本気で完成させないとまずいです.

続きを読む

喋る同人誌が作りたい!④ メソッドの完全見直編

せ や な(同意)

…ということで完全に1から考え直します(´;ω;`)こういうリーズナブルな意見というのは非常にありがたいものです.不良が更生すると評価されてしまうように,元々ブラックすぎる制作(AR同人誌然り,けだまっち然り)をしていたため,ちょっと楽になっただけで過大評価してしまっていたようです.しかし,よく考えると神絵師大先生がちまちま穴をあけるとかありえないですよね.テクノロジーは利用者ができるだけ何もしなくてよい形であるべきです.

続きを読む

喋る同人誌が作りたい!③ プロトタイプ編

同人誌を喋らせる方法として,スマホのカメラと画像処理で何とかしてページめくりを検出しようという話でした.前々回で技術的な壁を確認し,前回はそれをリアルタイムに処理するためにOpenCV(ネイティブライブラリ)を取り込みました.

今回は実際の本に実装してみて使用感を見てみます.

取り敢えず結論から

youtu.be

続きを読む

Androidでリアルタイム画像処理の限界について(メモリ)

画像処理は大きなデータをそれぞれ数回ずつ計算するという処理が多く,そこでボトルネックになるのが,CPUメモリ間の速度です.当然,解像度が大きくなればなるほどそれは顕著になります.例えば1920x1080xrgbを60fpsで転送するだけで,およそ0.4GB/secが消費さます.スマートフォンやPCのメインメモリ帯域は理論値5GB/sec+なので10回も転送すればフレーム落ちは避けられない計算,480pでもこの7倍の70回程度が理論的な上限です.

このような計算が実機でどのようになるのか調べてみました.

機種 arrows M02
SoC Snapdragon 410
CPU Cortex-A53
コア数 4
クロック 1.2 GHz
メモリ 32bitバス LPDDR2/3-1066 533MHz x1ch
メモリ量 2GB
メモリ速度 4.2GB/s

Wikipediaより

続きを読む